夏用の防水シェル

あかんたれおっさんハイカー。。。。くるぶし痛、股関節痛、腰痛の持病持ち。

六甲山日帰り程度で、各部位が悲鳴をあげます。


泊まりで縦走なんてことは無理無理。

マイペースで、楽々コース、低山日帰り程度を楽しんでおります。


当然、日帰りなんで、雨なら中止しますし、

事前計画、天気予報のチェックは念入りにし、小雨程度なら、決行します。

しかしながら。。。。

ここ三回のハイク。

①6/15 伊吹山  小雨程度で決行。 携帯したシェルの選択ミス。

②6/30 熊野古道 那智の滝 週間予報では晴れ&くもり なぜか前日小雨予報&滝前でどしゃぶり。歩行距離が短かったので傘で対応。

③7/6 摩耶山 晴れ予報。しかし。。ガスでじとじと。。風が吹くたびバラバラっと木々にたまった大粒の雨のような雫をあびる。
暑くてシェル着る気になれず。。でも、なんとか凌げました。が、快適な防水シェルがあれば着用したのですが。。。 
     

てな感じで・・・

まあ、梅雨時であたりまえといえばあたりまえなんですが。。。。

連続の悪天候。

できるだけ、雨ガッパは着たくないですし、低山で、難所が少なければ、傘で凌ぐ方法もありやと思います。

ザックに取り付けれる傘もありますもんね。

傘を有効に使用されてるベテランも多いと聞きます。

実際、伊吹山で、休憩時に、傘さしてる人みて、なるほど、でした。

また、電車、バスを利用する私にとって下山後、傘はあったほうが、便利だと思いました。

着替えたあと、濡れたシェル着たくないですし。。


夏の低山で、できるだけ快適にすごせる防水シェルはないものでしょうか。。。

耐水圧がそれなりにあり、透湿性は高く、半袖でもさらっと快適に・・・ストレッチ素材ならなお良し。

真夏はお休みするとして、暑い季節に、突然の雨。

うっしし、俺にはこれがあるのだ。。。うふふ・・・って思えるような、防水シェルを

いつでもザックに入れときたい。


そんなこんなで、いろいろ、ネットサーフィンの日々が・・・




まずは 2011年の秋よりスタートした、楽しい山歩き。

これまで、購入したシェルを少ない経験ながら私的評価してみました。

防水機能は? 透湿性は?  圧縮性は、コンパクトになるか・・


クレッタルムーセン SAJD JACKET
a0197483_8254167.jpg


2011年のモデルでこのブランドで当時、最軽量。 

当時、撥水と防水の意味もわからない頃。

かっこえぇぇ~見た目重視で購入。

高撥水のウィンドブレーカー。

今の私、ウインドブレーカーに30000円はよー出せません。

私的評価 防水×(撥水◎) 透湿△ コンパクト△ 

スタッフサック付 500mlペットボトル程度になります。 

☆ 晴れた日の風よけ。小雨程度を凌ぐ用 ☆

カサカサした生地で肌触り良し。





ホワイトマウンテニアリング BLK モデル名 不明
a0197483_8265958.jpg


おしゃれ山ブランド。 ゴアプロシェル仕様

身幅はかなり狭いのですが、アームホール部分に余裕を作り、運動性を確保しています。

しかし、でぶっちょな私には山用しては、少々きつめ。

子供の雪遊びに同行した際、着用。 降雪の中、問題なし。

ただし、インナーに、フリース、インナーダウン着用で、窮屈でした。

丈も短く、山用としては。。。△。。

また、低山で使用の場合、冬山でも天候よければ、活動時、着ることありません。

その場合、ザックへ。  

かさばるんです。

防水◎ 透湿△ コンパクト×

☆ 残念ながらサイズ小さく冬山では× おしゃれ街着 旅行に最適 ☆





③マーモット ストームライトジャケット
a0197483_9454221.jpg


2011年のAWモデル。

いっしょに山登りはじめたツレと好日さんの冬のセールに。

ツレが買ったやつと色違い。

定価24150円の30%オフだったと思います。

手持ちの中では、一番、山で使用頻度の高いシェル。

耐水圧15000 透湿性23000 2.5層 オリジナルメンブレイン Strata ストレッチ 使用。

止水ジップ。ダブルファスナーベンチレーション。

よく伸びるんです。冬のレイヤリングもラクラク。

機能的にも2012年の六甲で雨風にあったときも快適でした。 ただし、ベンチレーション全開。

豪雨だったら、どうなってたか・・・わかりませんが・・・

本国のサイトのStrataの紹介映像が You Tube にもあり、 ここです。

言葉、わかりませんが。。なんかよさげ。。。


このジャケットが、自分の中での、今回の夏用シェル購入の際の、基準になってます。

これでは、真夏にはちょっと暑い。

これぐらいストレッチがきいて、もう少し薄手で。

裏地の肌触りがもうすこし、さらっとしたものであれば・・・

欲張りですが・・・

実際、今年の夏モデルの ZEROジャケットがこれにあたるのかもしれません。

現物を見てないのでわかりませんが・・・


防水 ○ 透湿性 ○~△ コンパクト△ (専用スタッフサックで500mlペットボトル程度に圧縮可)

肌触りはよくない。

☆現在、たよれる強い味方 もう少し薄手で、サラっとしてれば ☆ 




④ホグロフス シールドフーディー (旧モデル)
a0197483_1011170.jpg


価格も手頃で、WEBページの解説が購入動機に。

☆ 高い防水防風性を維持しながらも優れた透湿性を実現。
☆ ノンメンブレンのFlexAble生地を背中と脇部部分に配し、優れた通気性とフィット感を実現。
☆  DWR撥水加工。
☆ 胸ポケットにシェルを収納可能。

でも、微妙な表現。 防水シェル? ウィンドシェル?

メーカーブログの商品紹介ではウインドシェルの文言が・・・ 

シーム処理はしてません。 フロントジップにはラミネートウインドフラップあり。

微妙な位置づけ。

先月、あかんたれが1000m越え初挑戦した伊吹山で、使用しました。。。

結果、微妙でした。。。

防水× 透湿○ コンパクト○ ポケッタブル仕様 胸ポケットに収納可 

☆ 晴れた日の風よけ。小雨程度なら凌げます ☆




⑤ アウトドアリサーチ メンタージャケット
a0197483_10383829.jpg
 

今年の冬のセールで購入。別モデルを探しにいったのですが、結局これに。

ナイロン 100%、3 レイヤーの GORE-TEX Pro 素材

本体と脇下は 40 デニール、肩、腕、側面は 70 デニール

やはり、ORといえば、二重スライド式 TorsoFlo の脇から裾までのジッパー

冬使用限定で購入。サイズ的にはかなり余裕があります。

サムホールとしても使用できる袖はかなり長いです。

まだ山では一度も着てません。

防水◎  二重スライド式 TorsoFloにより 透湿△~○  コンパクト×

防水ダブルJPがフロント、サイドに、フードにワイヤー。

当然のことながら、冬山でずっと着てるランクのもの。

ザックに入れることなんて想定外。

☆ 秋・冬 用 インナー分厚くても安心サイズ ☆




以上、こんな感じが、今、所有するシェル。


さあ~。。どうしたものか・・・・


今、手持ちのものより、すこしでも快適にすごせる防水シェル・・・ないかな。。。

まあ、贅沢言わんと、③マーモット ストームライトジャケット

でがまんできんこともないんですが・・・


だけどもだけど。。。

欲しいんだな。。。

ええやつ。。。

物欲マグマは、燃えたぎる。

セール時期に突入もしておりますし...

うーん。。欲しいぃぃぃ~ ええやつ!!!!!!



ってことで。

いろいろ調べて、実物も見てまいりました。




その① アウトドアリサーチ へリュウムⅡ ジャケット
a0197483_15488100.jpg


いろんな雑誌で紹介され、山の専門家さんの評価も高いこのジャケット。

現物を見るまで最有力候補でした。

以下、A&Fさんのオンラインページより。

平均重量:180 g (Lサイズ)
素材:2.5レイヤー Pertex Shield+ DS、30デニール リップストップ(クリアラミネート加工処理)ナイロン 100%
■完全にテープ処理された縫い目
■耐水性に優れたジッパー
■調整可能なフード
■シングルセパレート・フロントジッパー
■内側のフロントジップストームフラップ
■ジッパー式ナポレオンポケット
■スタッフサックにもなる内側のポケット
■カラビナループ
■伸縮性のカフ
■ドローコード調整可能な裾

現物確認。ほんまにペラペラ。これで防水・・・ORさん、おそるべし。

薄くても丈夫な生地みたいですが・・・・

どうも、木の枝に引っ掛けたり、タバコの火がちょっと触れても

穴あきそう。




その② マウンテンハードウエアー コヒージョンジャケット 
a0197483_1612739.jpg


MHWさんのWEBより

重量 432g(M)

素材 ボディ:ドライQコアバーズアイ40D3レイヤーストレッチリップ(ナイロン100%)

全面にストレッチ素材を採用。

生地のつっぱり感やバタつきを気にせず、雨のロングトレイルも快適に踏破できるジャケットです。

柔らかな風合いのテキスタイルは耐久性にもすぐれ、岩場が続く縦走でも安心。

残雪期から夏のアルプスまで幅広いシーンで活躍します。


透湿性の高さではゴアテックスを上回ると評価の高い、e-Vent と同類の ドライQ

you tube でもテスト映像みましたが、かなりの透湿性を立証されてました。

テスト①  

テスト② ← むちゃくちゃしてます。。紫の上下、あははは。


現物、見てきました。

脇下のベンチレーション。w止水ジップ。ディテール的にもOK。

価格も23100円がセールに。30%オフに・・・ 16170円 安ぅう!!

ただし、色展開が 青系、緑系、黒 とあるのですが、青も緑も、うーん、パンチ不足。

グレーを効かせてる分、メリハリがなく、ぼやけた色調。

前のモデルの色展開の方が個人的には好みでした。

あえて、選ぶなら緑か・・・

少々、厚手になります。。圧縮率は悪そう。

3層で肌触りは良かったです。 悩む・・・






その③  ラブ モデル名不明

a0197483_16344623.jpg


英国のRAB e-Vent 使用。

アウトドアショップのSORAさんでセール品がありました。。


うーん。。 e-Vent そんなにいいのか・・・・

ハイカーズデポ 土屋さん 「GOR-TEXを選ぶ理由 e-Ventを選ぶ理由 透湿素材のイノベーション」

⇒ ここです。




その④  モンベル トレントフライヤージャケット
a0197483_16375434.jpg


以下、モンベルさんのwebより。

世界最高水準の防水透湿性と抜群の軽量コンパクト性を誇るパックライト プロダクト テクノロジーを採用し、縫製方法やシームテープの幅に至るまで工夫を凝らすことで軽量化を図ったオールウエザー・クロージングです。
細部にまで防水・撥水処理を徹底し、レインウエアとしての機能を最大限に高めながらも、ゴアテックス® メンブレンを使用したレインウェアにおいて世界最軽量・最小収納サイズ※を実現。

耐摩耗性にも優れ、場面を選ばず高いパフォーマンスを発揮する、まさにLight & Fast を極めた最先端の一着です。男性用モデル。

※ゴアテックス® メンブレンを使用したレインウエアにおいて。2013年2月モンベル調べ

現物確認してまいりました。

ゴアのパックライト、205gかぁぁ~ 

薄くてしなやか。。。安い!!

評価高いのがわかる!!






その5  アウトドアリサーチ フォーレイジャケット

a0197483_1761368.jpg


好きなブランド OR ・・・

取り扱いされてるA&Fさん。 

最近知りました。7月からミステリーランチを取り扱いされるそう。。

超高級品ばかりでなく、廉価品もあるそうな・・・ 楽しみです。 

グレゴリーはどうなるのかな。。。

本題に・・

以下、A&Fさんのオンラインより

レイヤリング次第でシーズンを通して使用可能なこの軽量シェルは、長時間に及ぶ雨からしっかりと体を保護します。
防水性、そして非常に優れた透湿性を備えた GORE-TEX 素材は、トレイルを歩く際の生地の消耗に耐えることができ、同時に体温を放出する必要がある場合には TorsoFlo サイドジッパーを使用してポンチョスタイルにすることで通気性を確保します。

このジャケットはあなたと共に辛い状態を乗り越えますが、天気がよくなると小さくたたんで収納することができます。

2013年モデルは表面素材がナイロンからポリエステルに変更になり、より軽く、しなやかな素材になったことで着心地も向上しています。

ゴア パックライト 2層  

現物確認

緑と赤は、セールに。 26250円が18375円に

選ぶなら緑。ちょっと濃いな・・・

以前、見たとき、かなり薄手に感じましたが、季節も変わり、夏になって見てみると厚いような・・・







その⑥ ノースフェース シャープエンドフーディー

a0197483_17215591.jpg


以下、GWさんのWEBより

幅広く登山シーンにマッチするハイパフォーマンスシェルです。

最大の特徴は通気のレベルにまで達した透湿性。

したたるほど汗をかくシーンでも外気や蒸れをスムーズに通し、雨や冷気はカットします。

裏側の肌触りの良いニット地は長時間の着用でもストレスがなく、また脇部分にはストレッチ素材を用いること

で、激しい動きにも対応。

携行しやすいコンパクトさでファストトレッキングのアウターとしても重宝します。

【Fabric】 Hyvent™3L Micro Knit Backer(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)
【Function】 完全シームシーリング加工
【原産国】 中国
【Weight】 175g
【Color】 (BC)ブライトコバルトブルー、(MJ)モヒートグリーン、(K)ブラック、(AE)アクリックオレンジ

現物確認

嫁はんと先日、ぶらっと堀江へ。 ノースフェースさんのショップへ。


なんもしらん嫁さんが、「薄くて裏地の肌触りもええ感じ。色もかっちょいい。」

「ほんまや。」

175g かるー  ORのヘリウムⅡよりまだ5g軽い。。。

ええがな。 肌触りは本日、紹介した中で最高でした。

バックスタイルも

a0197483_1735121.jpg


私の好み。

事前調査なしのノーマークでした。

現段階の最有力候補。

商品紹介映像 プルオーバータイプです。

うーん。。説得力あるーーー 。。。 




a0197483_1852750.jpg









しかし、独自開発素材。耐水圧、透湿性、数値で示してくださればよいのですが。

あったら重くなるんですがベンチレイションあれば・・・・

きっとなくても十分な透湿性を確保してるんだと思うんですが・・・

これも軽量化のためか・・・・袖口もアジャスターなし。ゴムの劣化が気になるところ。


お値段まあまの25200円なんですが、


嫁はん「たっかー、ええ値段するやん」

価値観の相違。 

うーん。 いつもの、セールで半額になっててん作戦使うか・・・


試着しなかったことを後悔。

嫁はんの目が怖かったんです。ブルブル。 

また、こっそり見に行きます。





こんな感じで、候補もたくさんあり、悩むわ~

この、悩んでるときが一番楽しいのかも・・・


悩むわ~ あー楽し!!!  もうちょと悩むことにします。


その2へ つづく ⇒ http://sss5289.exblog.jp/18108661/















































 










[PR]
by sss5289 | 2013-07-10 09:16 | 山の道具
<< SALEWA サレワ ラペス ... 摩耶山 新神戸駅~布引の滝~ト... >>